転用コースター2個セット

歪に切り取られたガラス。どういった目的でつくられたのかはわからない。そんなモノを活かしてつかうには、創造力が必要だ。これは、コースターとして転用するという提案であり、日々の生活を楽しむための提案である。

窓ガラスかなにかを丸く切っただけのモノ。その切り抜き方も雑で歪だ。みつけた時、コースターとしてつかえると思った。明治から大正につくられた吹き流しグラスをのせてみたらしっくりきた。吹き流しグラスは、少し歪で揺らいでいるところが味になっている。コースターの雑さによく合った。

頻繁に骨董市へ通うようになって3年くらい経つ。得体の知れない、よくわからないモノで溢れている。よくわからないモノにお金を払って買うという行為がおもしろい。そうやって手に入れたモノをどう転用するかを考えることはさらにおもしろい。それは、新たなつかい方を創造するということだ。

なにかにつかえそうだと思って買ったのはいいが、結局どうすることもできずにしまってあるモノも少なくない。そういったトライ&エラーも含め楽しんでいる。

この転用コースターは、うまくいった成功例のひとつ。

200mlくらいが入るグラスでサイズ感がよく、ただの水でもいつもよりおいしく感じる。たぶん気のせいだけど、本当においしくなっているかもしれない。水を入れるとグラスの透明度の高さが際立ち、見た目にも美しいからだ。

 

 

商品ページへ

 

SNSでもご購読できます。